我々は変化の最先端で勝負することを誓います

経営人事ビジネス会

“商い”に対する感度の高い人事役員および経営者・人事権を持つ営業役員による実業型交流会です。
経営者や営業系・人事系役員の方々にご参画いただくことにより、具体的な新規ビジネスを創出できるコミュニティを目指しています。

企業概要

30年前に国内に4,000社あった醤油メーカーは、現在1,400社ほどになっていますが、キッコーマンとグループ企業のヒゲタで33%強のシェアを持ち、大手と言われる6社合計が59%、準大手9社も含めると15社で76.5%のシェアとなります。それだけ、ローカルブランドも多い日本人の食生活に密着した調味料と言えます。

1917年に野田醤油として創業され、昨年100周年を迎えられたキッコーマン株式会社様。2008年にキッコーマングループとして「グローバルヴィジョン2020」を策定され、国際事業展開を推進していく中で「グローバル人事戦略」の構築を進めていらっしゃいます。
今回は、CHOとしてグループ全社の人事戦略を牽引されている松崎常務様に、コロナにより変化を余儀無くされる人事マターにつきまして、事例を含めてお話をいただきました。

1925年に野田醤油・万上味醂・日本醤油が合併した時の「合併の訓示」【会社は社会の公器であり、社会的責任を負う】という言葉がDNAとして受け継がれているというお話には、不正・不祥事が露呈している昨今、とても印象に残りました。

ご登壇者プロフィール

キッコーマン株式会社
常務執行役員 兼 CHO(最高人事責任者)
松﨑 毅 様

企業研究プレゼンテーション

本会の主旨は相互交流にあり、リアルでの交流の場として運営を行ってまいりました。 

 

しかしながら新型コロナウィルス肺炎の流行により中止を余儀なくされておりましたが、 皆様に情報をお届けすることも役割として担っておりますので、ウェビナー形式での開催とさせていただきました。 

 

今後もコロナの状況が安心レベルにまで落ち着くまではウェビナー形式にて配信をさせていただきます。よろしくお願いいたします。 

 

 

初ウェビナーはグローバルカンパニーのキッコーマン様にお引き受けいたしました。 

 

コロナにより、働き方、評価制度、採用手法などあらゆる人事マターが変化を余儀なくされています。その陣頭指揮を執っていらっしゃる松﨑様に、事例を含めて講演をいただきました。 

 

キッコーマン様の講演

 

Web開催と言う事、テーマが現実的でもありますので、通常の経営者・役員のご参加に加え、現場を預かる方々にも多くお声がけをさせていただき、総勢2831名の方にご参加いただきました。

 

 

 

 

実例に即しているので、皆様真剣に、お話しに集中されていました。 

 

終了後の質疑応答もチャットを使い、沢山の質問をお寄せいただき、感謝申し上げます。 

 

時間の都合上、すべての質問を取り上げられなかったことを、紙面を借りてお詫び申し上げます 。

 

 

松﨑常務様、武智様、誠にありがとうございました。